東京で事務所を移転する時のポイント

オフィス環境が変わると、会社の雰囲気も変わってきます。雰囲気が一新することによって、社員の意識も変化があるはずです。オフィスを変えることは、現在の環境をさらに向上させ、社員のモチベーションをアップするチャンスになります。立地あるいは賃料の他にも、働きやすいかどうかなども着目して物件選びをする必要があります。しかし、企業の業種や規模などによって、最適な条件は千差万別になるため、全てのケースにとって「絶対的なおすすめ物件」というものはありません。従業員数や取り扱う情報、機器類や廃棄物など、様々な要素を考慮して進めなければならないからです。ですが、オフィスを変える場合に、いくつかのポイントを押さえておけば、新しいオフィスにスムーズに移行できます。そこで今回は、東京で事務所を移転する際のポイントについてご紹介します。

オフィスを探す際には立地条件も重要

取引先の企業に来訪する場合、「駅から近い場所にあればアクセスも楽なのに」と思ったことはないでしょうか。東京で事務所を移転するにあたって、新しい事務所の立地条件はかなり重要なポイントになります。なぜなら、立地している環境が企業のイメージにつながってくるからです。オフィスを探す時に注意しておくべきポイントは、いくつか存在します。まずは最寄駅から所要時間がどれくらいになるかを確認し、沿線の数や混雑状況をチェックしましょう。その際に、交通機関が充実しているか、取引先とのアクセスは良好か、所在地にある街の雰囲気はどうかなども確認しておきます。アクセスに関しては、周辺の道路状況や交通量も関係してきますので、合わせてチェックしておきましょう。他の条件を満たしていても、立地条件が思わしくない場所では取引先からの印象も悪くなる可能性がありますので、しっかり確認することが大切です。

候補の物件は設備も事前にチェックしておく

東京で事務所を移転する際に、好立地で環境に恵まれている物件が見つかったとしても、それだけですぐ決めてしまうと危険がともないます。決定する前に、新しいオフィスの候補となる物件の設備もしっかり確認しましょう。設備が良くないと、それだけで従業員のモチベーションがダウンしたり、結果的に生産性のダウンにつながる可能性も否定できないからです。候補の物件を見学する時には、オフィス空間のみならず、トイレや給湯室、通信設備など、必要な設備をチェックします。また、駐車場およびエレベーターなどの移動設備や、床の耐荷重、日々の清掃やメンテナンスといった管理の方法についても調べておきましょう。さらに、空調や照明の種類がどうなっているか、天井高や柱の位置はどうか、建物の入館時間帯や休館日の利用条件はどうか、などもチェックすることが重要です。東京でオフィスを移転する際には、様々な角度から物件をチェックすることが、自社に最適な物件を見つけるのに役立ちます。

社長室だけ、会議室だけといったオフィスのプロデュースもお任せください。 主力商品・サービスはオフィスデザインで、お客様の業績向上に貢献する優れたオフィスデザインを提案するサービスです。 オフィスの原状回復工事は1000件以上の実績がございます。 リスクを回避し、目的・計画に合う最適な物件を見つけるサポートをいたします。 事務所の移転を東京でお考えの方へ