東京の事務所を移転する際にすべきことのリスト

事務所を東京に移転する際にはその他の都市の場合とは大きく異なる事が少なくありません。その為、それらをリストにして確実に実行することが重要です。特に地方からの場合には都心の地価の高さやオフィスのスペースの狭さなどに驚くことも少なくありませんが、基本的にはそれがこの地区の一般的なスペースであるとして割り切り、効率よく配置をすることが大切になります。又、交通網が発達している反面、自動車などの利用に関しては多くの制限が有る場合も多いので、これらの利用の仕方に関する考え方の切り替えも必要になります。その為、基本的にやる事は大きく変わらないものですが、その際にこの地域ならではの仕事の進め方を鑑み、予め仕事の進め方を改革する必要があります。さらにその内容にそって準備すべきことをリストにすることが大切です。

顧客に対するアクセスを確立しましょう

東京のオフィスはその立地条件や交通網が整備されていることが最も大きなポイントと言えます。その為、事務所を移転した後は顧客へのアクセス性が格段に向上する半面、従来自動車を使用して行っていた場合にはその利用が制限されてしまうことから大きな方法の変更が強いられることになります。自動車が利用出来ずに困る事は荷物などを持ち運ぶ場合には別途運搬方法を考慮しなければならないことです。自動車の場合には基本的にそのまま荷物を積めば良いのですが、公共交通網の場合にはタクシーの手配や、運送業者の手配などが非常に重要になります。その為、これらの手配方法や経費節減の方法などを事前に考慮し、その変更点を社員に周知徹底事が重要です。また、公共交通網の利用に於いても経費処理などを確立させ、しっかりと管理できるような仕組みを作ることが大切です。

事務手続きをしっかりと行う事が重要です

東京に事務所を移転する場合には様々な事務手続きも非常に重要です。特に大きく問題となるのが、本社の住所変更とこれに伴うさまざまな役所への異動届です。第一に注意しなければならないのが税務署への異動届です。他の地域からの転入に於いては納税先の都道府県が変わる事になるため、その届出をしっかりと行わないと大きな問題になる事が少なくありません。特に届出が長期間行われていない場合には脱税と見なされ高額の税金を支払わなければいけなくなるため注意が必要です。その為、雇用保険に関する届出なども非常に重要で、きちんと届け出ないと法律で罰則が科せられることも少なくありません。東京に事務所を移転する場合には弁護士や税理士、社労士などに相談して必要な項目のリストを作成し、確実に作業を行うことが大切です。