東京の事務所移転で気をつけるべきこと

東京で事務所を移転する方法としては、大きく分けて2つの方法が存在します。それは新たにオフィスを購入するという方法と、賃貸で新たなオフィスを確保するという方法です。ただし国内で1番の巨大都市で多くの人が暮らしている上に、数多くの企業や会社がオフィスを構えています。お陰で地価が高いので、購入するとなるとかなり膨大な費用を用意する必要があるので、注意すべきです。リスクを小さくしたいなら、賃貸で済ませるという方法がおすすめ出来ます。賃貸であれば、賃料を支払うだけで済む分、初期費用を多く用意する必要はないです。その上、もしもオフィスの運営が上手く行かなくなった場合でも、契約を打ち切れば済むので、閉鎖する際のリスクも軽減出来ます。もっとも購入でも賃貸でも、オフィス探しを行う際は、どの不動産会社を選ぶかが鍵を握っているので、注意すべきです。

不動産会社選びが鍵を握る理由とは

その理由として、選ぶ不動産会社により移転先として紹介して貰える事務所に違いが生じてしまうからです。選ぶ不動産会社によっては、希望を無視して条件に合わないオフィスばかりを押し付けて来るケースもあります。しかも東京には不動産会社もかなり数多く存在しているので、中にはそんな風に要望を無視する様な、悪質な会社が紛れ込んでいる危険性があるので、注意が必要です。不動産会社を選ぶ際には、きちんと信頼性の高い所を選ぶ必要があります。具体的な選び方としては、不動産会社として東京で長く経営している所を選ぶ事です。というのも競争の激しい都内で、長く経営を続けられるのは、不動産会社としての信頼性が高い証拠だと言えます。更にネット上の口コミを数多くチェックし、口コミ評価の高い不動産会社を選ぶという方法も有効です。

最終的に物件を選ぶ際にチェックしておく事

都内で信頼出来る不動産会社を何社か見付け出す事が出来れば、移転先の条件に見合う事務所を幾つか見付け出す事が出来ます。後はその候補の中から、より仕事がし易い、移転先としてぴったりの事務所を選び出す事が大事です。絞り込みを行う際には、当然ですが候補のオフィスを入念にチェックする事が大切だったりします。そしてその最終チェックの際に、押さえておきたいのが、昼間だけでなく夜間のオフィスの雰囲気をチェックする事です。東京は多くの人が暮らす賑わいのある地域なだけに、昼間は静かでも夜になると騒々しくなってしまう地域も少なくありません。確かに仕事を行うのは、昼間が大半だという所が多いですが、忙しい時期には夜まで残業したり、外国の企業との取引だと、時差の関係で夜間仕事をする事があります。そのためオフィスを選ぶ際は、昼間も夜間も静けさを得られる所を、選ぶべきです。